RSS

バンコク都心の大型オフィスビル、平均賃料650バーツに上昇

2006年8月29日(火) 23時47分(タイ時間)
【タイ】米不動産大手ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、7月時点のバンコク都心部(CBD)のオフィスビル平均賃料は大型ビル(グレードA)が1平方メートル当たり月650バーツ、中小ビル(グレードB)が同479バーツだった。

 上半期にQハウス・ルムピニ(サトン通り)など8プロジェクトが完工、21.2万平方メートルが新たに供給されたため、空室率は都内全域で14.4%(1月13.3%)、CBDの大型ビルで13.2%(同11.5%)とやや上昇したが、供給不足感は拭えず、下半期も賃料は上昇し続ける見通しという。

 都内のオフィスビルの全供給量は7月時点で731万平方メートル。建設中は57.6万平方メートルで、下半期にはラサ・タワー2(パホンヨーティン通り、29階建て、2.2万平方メートル)など2物件、計2.7万平方メートルが完工する見通し。
《newsclip》