RSS

VIP外国人カード、韓国人会員が最多に 値下げキャンペーンが奏功

2006年8月31日(木) 18時56分(タイ時間)
【タイ】富裕な外国人向けの特別優遇カード「タイランド・エリート・カード」を発行する国営タイランド・プリビレッジ・カード(TPC)は事実上の値下げ戦略を開始する。今年に入り、正規会員に対し1枚10万バーツのサプルメンタリーカード5枚を発給するキャンペーンを韓国で実施したところ、同国の会員数が急増。6月末の会員数は韓国が524人で、日本(223人)、台湾(221人)を抜きトップに立った。同様のキャンペーンを他地域でも展開し、年内の新規会員2000人達成を目指す。

 同カードの会員総数は今年に入り447人増え、6月末で1587人。ほかに会員審査中および入金待ちが1158人いるという。

〈タイランド・エリート・カード〉
観光振興を狙いタクシン首相が考案、03年11月に販売を開始した。1枚2.5万ドルで、ホテル、スパ、ゴルフ場、レストラン、タイ国際航空などが割引・無料になるほか、複数回入国可能な有効期間5年の査証(ビザ)が支給され、バンコク国際空港での入国審査で特別レーンが利用できる。
《newsclip》