RSS

人事異動に不満、4将官が枢密院議長に直訴

2006年9月1日(金) 01時29分(タイ時間)
【タイ】10月に迫った軍の定例人事異動をめぐり、処遇を不満とする将官4人が国王側近のプレム枢密院議長(元首相、元陸軍司令官)に直訴した。4人は、ウィサヌ陸軍中将、イティチャイ海軍少将、スラキアット空軍少将、プラシット空軍少将。選挙管理内閣に人事権はなく、異動自体がえこひいきと主張している。

 「身内」の反乱に対しタマラック国防相(陸軍大将)は、「オレがみてない名簿を何で知っているんだ」とおかんむり。国防次官に4将官の調査を命じた。タクシン首相とプレム議長の対立は公然の秘密となっており、軍への影響力をめぐっても綱引きが続きそうだ。
《newsclip》