RSS

スワンナプーム空港、タイ航空が国際線試験飛行

2006年9月1日(金) 16時48分(タイ時間)
【タイ】新バンコク国際空港(スワンナプーム空港)で1日、タイ国際航空の国際線の離発着試験が行われた。

 タイ航空の社員・家族らを乗せた特別便2便が午前中に同空港から香港とシンガポールに向け離陸。午後には香港、シンガポール発の2便が同空港に着陸した。

 空港運営会社の国営エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)によると、乗客のチェックイン、入国管理ともにスムーズだったという。

 9月28日の開港に向け、今後、他の航空会社も同様の試験を実施する予定。

 政府はタイの航空会社に対し、国内線の離発着を15日から新空港に移転するよう求めているが、これまでのところ、タイ航空の一部国内便の移転が決まっただけで、他社の状況は依然不透明だ。
《newsclip》