RSS

都庁のごみ収集車基地計画、工事7割終了後に放棄

2006年9月2日(土) 00時57分(タイ時間)
【タイ】バンコク都庁は今年11月開業を予定していた都内サイマイ地区のごみ収集車基地計画を、住民の反対を受け撤回する。建設地探しからやり直す方針だが、基地の建設・運営請負業者はすでに2億バーツを投じており、予算の無駄遣いとして批判を浴びそうだ。

 請負業者のTIPオートパーツによると、サイマイのごみ収集車基地は500台の収容能力があり、整備工場、洗車場などを併設。工事は7割方終了している。同社は収集車253台の調達・運営も請け負っており、一部を1台100万ー150万バーツで日野自動車に発注済みという。
《newsclip》