RSS

富士機工、タイでステアリング部品製造

2006年9月3日(日) 23時38分(タイ時間)
【タイ】富士機工はタイに合弁会社を設立し、今年12月から自動車用ステアリングコラムを製造する。東南アジア諸国連合(ASEAN)、北米の日系自動車メーカーに製品を供給、2008年で売上高約20億円、年産90万台、従業員200人を見込む。

 新会社は「Summit Fujikiko Kurata Manufacturing」。資本金1.2億バーツで、富士機工が51%、クラタ産業が4%、タイの自動車部品大手タイ・サミット・グループが45%出資する。工場は東部ラヨン県イースタンシーボード工業団地。

 富士機工グループの海外生産拠点はこれで、9カ国12カ所となり、日本、北米、欧州、中国、ASEANの5極体制が整った。
《newsclip》