RSS

タイで獄死のヨーロッパ名門男性、遺族が検死要求

2006年9月4日(月) 01時38分(タイ時間)
【タイ】バンコク近郊ノンタブリ県の刑務所に拘留中だったクリストフ・フォン・ホーエンローエさんが8月6日に死亡した件で、母親のイラさんは9月1日、より詳しい情報の提供とクリストフさんの検死をタイ政府に求めた。

 クリストフさんが亡くなった刑務所病院の報告書には糖尿病によるインシュリン欠乏症と書かれているが、生前に面会した遺族は、刑務所内での待遇に問題があったと指摘しており、政府当局はこれまでコメントを拒否していた。

 クリストフさんはドイツ王家やイタリアのフィアット創業家の血を引く名門貴族の出。7月末にタイを出国する際にビザの日付を書き換え、公文書偽造容疑で逮捕され特別刑務所に拘留されていた。
《newsclip》