RSS

のどに穴… たばこの新パッケージ

2006年9月4日(月) 16時12分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省はたばこに関する規制を強化する。ほぼすべての公共スペースを禁煙とするほか、目を背けたくなるような写真を使った新バージョンのたばこパッケージを投入する。新パッケージの写真は、のどに穴の開いた病人などで、気の弱い喫煙者にとっては心臓に悪そうだ。

 禁煙区域の拡大は11月施行の予定で、喫煙可能な場所は、自室、自宅、指定された喫煙エリア、路上などに制限される。罰金はこれまでと同じで、違反者2000バーツ、場所のオーナー2万バーツ。

 パッケージに関する新規則は来年2月に施行される見通し。「ライト」「マイルド」といった言葉の新規使用を禁止するほか、たばこに含まれる有毒物、発がん性物質の名称のパッケージへの記載を義務付ける。

 新たに投入されるパッケージは、「たばこの煙で脳の血管が壊れる」「たばこの煙で心臓病で死ぬ」「喫煙すると喉頭がんになる」という警告文と病人の写真を載せた3種類で、現在販売されている6種類に比べ、インパクトが強い写真が使用される。

 タイではたばこの広告やテレビでの喫煙シーンの放送が禁止されている。昨年3月には、たばこのパッケージの表裏の面積の半分以上にたばこの害が明確に伝わる写真と警告文を掲載することが義務付けられ、同9月にはたばこの陳列販売が禁止された。こうした対策の成果か、喫煙者の数は2001年の1055万人から04年は963万人に減少した。
《newsclip》