RSS

【環境特集】電気使用量削減−省エネ−CO2削減へ

2006年9月4日(月) 17時04分(タイ時間)
はなく、世界全体の環境を考えた理念が求められる時代となりました。地球温暖化は化石燃料の消費による大気中CO2の増加により進行しており、省エネルギーの促進は欠かせないものとなっています。

 生活の省エネ、交通の省エネ、など省エネルギーも多種多様ですが、弊社がご提案するようなビル・工場関連の省エネでは、現状のエネルギー診断から省エネ製品・システムのご提案、導入後のメンテナンスまで含めた、トータルなサービス形態となっています。

 例えば、各ビル・工場で必ず使われているエアコンプレッサーの日本での消費エネルギーは約400億kWh/年で、日本の総電力量の実に5%に相当します。エアコンプレッサーで使用する電力を10%削減すると、総エネルギー量の0.5%以上を低減することが出来、CO2の削減量が実現されるばかりでなく、契約電力量の見直しも可能になります。

 また、ファン、ポンプ、コンプレッサーなどモーターを使用する動力機器は、工場全体に占める電気使用量が60?70%にもなり、この部分の高効率化も省エネルギーの取組みに重要です。インバータによりモーターの回転速度制御を行うと、一定速度運転に比べて約30%程度の省エネになることもご存知でしょうか。

 弊社ではこうしたビル・工場への省エネルギーへの取組みをお手伝いしながら、地球環境への負荷軽減に貢献したいと考えております。

Hitachi Asia (Thailand) Co., Ltd. 
村井知道氏
General Manager
Industrial Components & Equipment Dept.
《newsclip》