RSS

【環境特集】全館空調では電気代の半分が空調代?

2006年9月4日(月) 17時04分(タイ時間)
すでに、クマの絶滅や氷河の消滅など、大きな生態系変化が起きる可能性があることが、アメリカで発表されたり、実際に毎年世界での台風が増大したりなど、地球温暖化による影響が始まっています。この温暖化の一番の理由が、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出の増加です。そこで、私達に何ができるでしょうか?

 タイでは強烈な太陽光が年中、屋根や壁に蓄熱し、室内温度を上昇させます。その太陽光を屋根や壁に断熱塗料テンプコートを塗布することによって反射させ、室内温度を3度から4度低下させます。そうすると、空調設備の負担もグンと軽減、CO2の排出も20%〜30%抑えることができます。

 私どもの日系工場のお客様の半分は、全館空調です。毎月の電気代のほぼ半分は、空調代にかかっています。その空調代の5%〜10%でもテンプコートで、毎月半永久的におさえることができるとすれば、会社にも直接大きく還元できることにもなります。

 豊かな地球環境を良好な状態で次世代に継承していくことは、現在の私たちの重要な使命です。私たちこの地球に存在する人間一人として、企業として、地球のために何をしなければならないか、真剣に考える時ではないでしょうか?

 タイの日系企業50社以上の屋根をこの2年で施工しております。実績データーもたくさんありますので、まずはお電話お気軽にしてください。

ビッグパワーサプライ 高尾一美氏
営業
09-812-2567
《newsclip》