RSS

海賊対策協定発効、事件多発2国が不参加

2006年9月4日(月) 20時26分(タイ時間)
【ASEAN】東南アジアで急増する海賊問題に対処するための地域協力の枠組み「アジア海賊対策地域協力協定」が9月4日発効した。シンガポールに設立した情報共有センターを中心に、海賊に関する情報共有、容疑者・船舶の逮捕・だ捕で協力する。

 締約国は日本、シンガポール、タイ、インドなど11カ国。周辺海域で海賊事件が多発しているインドネシアとマレーシアは交渉不調で加盟を見送った。
《newsclip》