RSS

マイナー、スリランカのホテル会社に出資

2006年9月4日(月) 21時25分(タイ時間)
【タイ】ホテル外食大手マイナー・インターナショナルは9月4日、スリランカ証券取引所上場のホテル会社、ヘマス・ホールディングスの傘下企業に出資すると発表した。自社ホテルブランド「アナンタラ」のスリランカでの展開が狙い。

 マイナーはヘマスの子会社セレンディブ・ホテルの株式20%と孫会社セレンディブ・レジャー・マネジメントの株式80%を約5000万バーツで取得する。セレンディブはスリランカでホテル4館を所有。

〈マイナー・インターナショナル〉
タイ、ベトナム、モルジブで「マリオット」「アナンタラ」「フォーシーズンズ」などのブランドのホテル14館、タイ、中国を中心に「デーリークイーン」「バーガーキング」など外食店を600店以上を展開。06年上期は売上高61.2億バーツ、最終利益6.4億バーツ。創業者のウィリアム・ハイネッキ氏は米国生まれで、1963年に両親と来タイ、未成年だった67年にタイで起業し、会社を「マイナー(未成年)」と名付けた。後にタイ国籍を取得。
《newsclip》