RSS

マハティール氏、党地区代表選で落選=マレーシア

2006年9月11日(月) 19時42分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアのマハティール前首相は、所属政党の統一マレー国民組織(UMNO)の地元クダ州クバンパス支部で9日に行われた中央代表選挙に出馬したが、落選した。

 同支部の中央代表選挙は定数7に対し、15人が立候補。マハティール氏の得票は9位で及ばなかった。地元メディアはマハティール氏の政治的影響力が弱体化したことを象徴する出来事として、大きく報じた。マハティール氏は今年11月の党大会に中央代表としての身分ではなく、前総裁という形で出席することになる。

 党内では最近、マハティール氏とアブドラ首相が、シンガポールとの連絡橋建設問題などをめぐり激しく対立。今回の選挙でも、アブドラ首相を支持する党内主流派が、マハティール氏の落選を画策したとみられる。
《newsclip》