RSS

タイにコンビニ弁当 わらべや日洋、CPセブンに中食の技術供与

2006年9月13日(水) 13時27分(タイ時間)
【タイ】わらべや日洋(東京都小平市)は13日、タイのコンビニエンスストア最大手CPセブンイレブン(CPSE)に、中食に関する技術供与を行うと発表した。タイでは屋台での食事、持ち帰りが一般的だが、CPSEへの技術供与でコンビニでの弁当購入を後押しし、市場拡大、タイでの合弁工場設立につなげたい考え。

 わらべや日洋は常温とチルド帯での大量生産、品質管理、配送などの技術を持ち、日本国内で年間約7億食の米飯、調理パンなどを製造、セブンイレブン店舗に納入している。CPSEには特にチルド帯の商品開発、生産、流通、品質管理、配送の技術を供与し、日本のセブンイレブン並みの高品質な商品の開発、流通を支援する。

 CPSEはタイ最大級の財閥であるCPグループ傘下。タイでセブンイレブン3500店、中国でスーパー40店以上を展開し、今年上半期は総総売上高511億バーツ、最終利益8.8億バーツだった。
《newsclip》