RSS

「銀行に爆弾」電話、深南部がまた混乱

2006年9月14日(木) 10時30分(タイ時間)
【タイ】テレビ報道によると、13日、深南部ナラティワート県の銀行支店12店以上に爆弾を仕掛けたという電話があった。警察が調べたところ、爆発物はみつからなかったが、一部の店舗は安全のため一時休業した。

 隣県のヤラーでは同日、警官約100人が県内の村を捜索し、8月31日に起きた銀行支店連続爆破事件の容疑者として、20代の男性5人を逮捕、ライフル、けん銃など3丁を押収した。事件の逮捕者は計15人となった。

 連続爆破事件ではヤラー県内の銀行支店22店で爆弾が爆発し、1人が死亡、約40人が負傷している。

 タイ深南部では2001年のタクシン政権発足後、イスラム過激派による爆破、銃撃事件が相次ぎ、過去5年で2000人以上が死亡した。最近では国際的な注目を集め、CNN、BBCなどでも頻繁に報道されるようになった。
《newsclip》