RSS

マハティール支持派のタブロイド紙が好評

2006年9月16日(土) 19時33分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアのマハティール前首相は、所属政党の統一マレー国民組織(UMNO)と関係が悪化する中、自らの声が一般報道機関で取り上げられないことから、タブロイド版の隔月マレー語紙「プトラポスト」を発刊した。

 同紙は「Mジェネレーション」と呼ばれる支持者らの支援で発刊にこぎ着けたもので、第1号は5万部があっという間に売れ、2万部を追加印刷した。1部2.50リンギでマレー半島部の主要都市で発行される。マハティール前首相は最近、舌鋒鋭くアブドラ現政権を批判しているだけに、同紙の動向が注目される。
《newsclip》