RSS

台湾の聚亨、ベトナムで製鉄事業

2006年9月19日(火) 13時18分(タイ時間)
【タイ】台湾の大手釘・線材メーカー、聚亨企業集団(タイクーンズ・グループ)のタイ法人、タイクーンズ・ワールドワイド・グループ(タイランド)(TYCN)は19日、ベトナムでの製鉄事業について、第1期開発分の認可を同国政府から取得したと発表した。

 中部クアンガイ省ズンクアットに製鉄所を設け、09年からビレットを年間200万トン生産する。投資額は約220億バーツで、同社は40%出資する予定。合弁相手は明らかにしていない。

 第2期開発を含めた総投資額は5億5600万ドルに上る見込み。

 TYCNはタイ東部ラヨン県に工場があり、年産能力は線材36万トン、釘3.6万トンなど。今年1−6月期業績は、売上高30.3億バーツ、最終赤字2.3億バーツ。
《newsclip》