RSS

バンコクで手足口病の6歳児死亡

2006年9月19日(火) 19時51分(タイ時間)
【タイ】バンコク都内に住む手足口病患者の少年(6)が16日、合併症の脳炎で死亡したことを受けて、保健省は感染拡大を食い止めるため、全国のプールや児童教育機関、遊戯施設に徹底した消毒を行うよう通達を出した。また、子供の口腔や手足の指などに水疱が見られたらすぐに医師の診断を受け、7−10日間は他の子供に接しないよう保護者に呼びかけている。

 今年1−9月現在までの全国の手足口病患者数は約1360人で、死者は16日で5人になった。
《newsclip》