RSS

タノン前財務相が帰国、ソムキッド前副首相も

2006年9月21日(木) 12時16分(タイ時間)
【タイ】消息筋によると、シンガポールで開かれていた国際通貨基金(IMF)・世界銀行の年次総会に出席していたタノン前財務相は20日夜、タイに帰国した。フランスを訪問中だったソムキッド前副首相兼商務相も21日もしくは22日に帰国するもよう。

 一方、テレビ報道によると、軍部はネーウィン前総理府相とヨンユット前天然資源・環境相に陸軍本部に出頭するよう命令、ネーウィン氏は21日午前、出頭した。

 軍は同日、バンコクと北部チェンライ県のヨンユット氏の自宅2カ所を強制捜索したが、ヨンユット氏は不在だった。

 チッチャイ前副首相兼法相(元警察副長官)は依然として軍に拘束されているもよう。

 タクシン前首相の義弟であるソムチャーイ労働次官は21日、通常通り出勤した。記者団の質問には、「民主党政権のときは民主党、愛国党政権のときは愛国党の下で働いた。今回も同じ」とコメントした。

 タクシン前首相は20日、滞在先のニューヨークで記者団の質問に答え、「クーデターを予期していなかった」「首相としてここに来たが、今では失業者だ」などと述べた。その後長女が留学中のロンドンに移動、タイを出国した夫人と長男、次女も合流したという。
《newsclip》