RSS

21日のタイ株、1.4%安 タクシン関連株暴落

2006年9月21日(木) 15時20分(タイ時間)
【タイ】21日のタイ証券取引所(SET)は取引開始直後に売りが殺到し、SET指数は一時、前営業日終値から30ポイント、約4%下落したが、その後急速に盛り返し、終値は9.99ポイント、1.42%安の692.57ポイントだった。売買代金は431億バーツ。

 タクシン氏一族の不動産会社SCアセットは21.4%、タクシン氏の妹一族が手がける携帯電話販売会社Mリンク・アジアは17.97%下げた。

 タクシン氏一族がシンガポール政府の投資会社テマセクに売却した持ち株会社シンは5.65%安、シン傘下の携帯電話サービス最大手アドバンス・インフォ・サービス(AIS)は2.69%安、タクシン財閥と関わりが深いタイノックス・スチールは5.26%、タイ・フィルム・インダストリー(TFI)は14.7%下げた。

 国営石油会社PTT(2.75%安)、PTT傘下の石油化学大手TPI(4.17%安)など石油関連株も売られた。

 一方、王室系素材大手サイアム・セメントは0.83%上昇。バンコク銀行(BBL)(0.88%高)、カシコンバンク(2.22%高)など銀行株が買われた。
《newsclip》