RSS

鳥インフルエンザ、今年3人目の死者

2006年9月26日(火) 11時29分(タイ時間)
【タイ】26日のテレビ報道によると、東北部ノーンブアラムプー県で先月死亡した農家の男性(59)の死因が鳥インフルエンザ・ウイルス(H5N1型)だったことが確認された。タイで鳥インフルエンザによる死者が確認されたのは今年に入り3人目、04年以降の累計は感染者25人、死者17人になった。

 男性は飼っていたニワトリが40羽が死亡した後、体調を崩し、7月14日に入院、8月10日に死亡した。
《newsclip》