RSS

プーケットの大規模複合不動産、12月開業

2006年9月27日(水) 20時38分(タイ時間)
【タイ】シンガポールの不動産開発大手シティ・デベロップメント(CDL)が今年3月に買収したタイ南部プーケットの複合不動産プロジェクト「ジャンシーロン(プーケット市の古名)」が12月1日にオープンする。

 パトンビーチに立地し、レストラン、小売店200店のほか、仏系ディスカウントストアのカルフール、地場系百貨店のロビンソン、映画館のSFXシネマなどが入居。敷地面積は9ヘクタール、建設費35億バーツ。07年6月には客室数400の高級ホテル「ミレニアム・プーケット・ホテル」も開業する予定。建設費20億バーツ。

 CDLがタイで出資する不動産プロジェクトはこのほかに、▽今年5月に開業したバンコクのチャオプラヤ川沿いの高級ホテル「ミレニアム・ヒルトン・バンコク」(32階建て、客室数543)▽バンコク都内スクムビット通りのコンドミニアム「ミレニアム・レジデンシズ」(全604戸、08年末完工予定)▽都内アソーク交差点のオフィスビル「エクスチェンジ・タワー」(08年改装終了)▽スクムビット通りの高級ホテル「ミレニアム・スクムビット・バンコク」(客室数326、07年末完工予定)−−。
《newsclip》