RSS

三井化学、シンガポールで子会社解散

2006年9月29日(金) 11時27分(タイ時間)
【シンガポール】三井化学は29日、塗料用樹脂や木材加工用接着剤の生産、販売を手掛けてきたシンガポール子会社「MTKケミカルズ」を解散すると発表した。主力製品の成熟化、主要顧客の中国移転など事業環境の変化で業績が低迷していることが理由。

 同社は2005年12月期に2期連続赤字となる137万シンガポールドルの純損失を計上していた。出資比率は三井化学65%、クオック・シンガポール30%、三井物産5%。清算終了は2008年3月の予定。子会社解散が親会社の業績に与える影響については「非常に軽微」としている。
《newsclip》