RSS

タイの大手私立病院、ハノイ事務所開設

2006年10月2日(月) 20時20分(タイ時間)
【ベトナム、タイ】タイの私立病院大手バムルンラード・ホスピタル(BH)はベトナムのハノイに駐在員事務所を開設した。同国に事務所を設けるのはホーチミンシティに続く2カ所目。

 BHは医療目的で来タイする国外の富裕層の取り込みに力を入れ、カンボジア、バングラデシュ、台湾、エチオピアなど15カ国に海外事務所がある。

〈バムルンラード・ホスピタル〉
バンコク都内スクムビット通りソイ3で東南アジア最大規模の総合病院を運営。医療サービスのチェックを行う米国の非営利組織(NPO)、医療機関認定合同委員会(JCAHO)の認定を02年にアジアで初めて受けた。主要株主はバンコク銀行/ソーポンパニット(陳)財閥、アラブ首長国連邦の投資会社Istithmar、シンガポール政府系投資会社テマセク。
《newsclip》