RSS

タイ最大手銀CEOが入閣、BBLのコーシット氏

2006年10月4日(水) 10時11分(タイ時間)
【タイ】タイ最大の商業銀行、バンコク銀行(BBL)のコーシット経営執行委員長が3日、スラユット首相と総理府で会談し、入閣要請を受諾した。ポストは明らかになっていない。

 コーシット氏はタイを代表するエコノミストの1人で、91、92年のアナン暫定内閣などで閣僚を務めた。先に入閣が決まったプリディヤトン・タイ中央銀行総裁を立てる発言を繰り返しているが、実際には新政権経済チームの二枚看板となりそうだ。

〈コーシット・パンピヤムラット〉
43年生まれ。チュラロンコン大学政治学部卒、米メリーランド大学経営学修士。タイの開発計画を策定する国家経済社会開発委員会(NESDB)勤務を経て、副農相、農相(アナン暫定内閣)、工業相(バンハーン内閣)、財務相(チャワリット内閣)などを務めた。いずれも政権交代で短期間に終わっており、その間はBBLの取締役を務めている。いわば、BBLから政府に短期派遣される専門家といった役どころ。99年からBBL経営執行委員長。家族は妻と子供4人。
《newsclip》