RSS

マレーシアで煙霧、インドネシアの森林火災が原因

2006年10月6日(金) 13時38分(タイ時間)
【マレーシア】インドネシアの森林火災による煙霧(ヘイズ)が、隣国マレーシアで深刻化している。

 マレーシアでは5日、全国51カ所の大気観測地点のうち、15カ所で大気汚染指数が100以上の「不健康」レベルに達した。特に煙霧が深刻なのは、ボルネオ島サラワク州で、同州サリケイでは同指数が195を記録した。このほか、中心都市のクチンで167、シブで163などとなっている。
《newsclip》