RSS

住友商事、ハノイ近郊に新工業団地

2006年10月7日(土) 17時21分(タイ時間)
【ベトナム】住友商事はベトナム北部のフンイェン省に「第2タンロン工業団地」を設立する。開発面積220ヘクタールで、08年末から販売を始める予定。初年度1100万ドルの売り上げを見込む。投資額は5100万ドル。

 第2タンロンはハノイとハイフォンを結ぶ国道5号線沿いに立地し、ハノイ中心部から33キロ。ハイフォン、カイラン両港とのアクセスも良い。住商は90%以上出資しほぼ単独で開発する。

 住商がベトナム国営企業と合弁でハノイに開発したタンロン工業団地は、00年に販売を始め、すでに第1、2期区画を完売した。入居企業は63社。今年10月から第3期区画の販売を開始するが、すでに日系企業からの引き合いが多数ある上、これ以上の拡張が困難になっていた。
《newsclip》