RSS

田辺製薬とNITE、ベトナムの微生物の産業利用調査

2006年10月7日(土) 23時40分(タイ時間)
【ベトナム】独立行政法人の製品評価技術基盤機構(NITE)と田辺製薬は生物多様性が豊富なベトナムで未発見の微生物を収集・分離し産業利用の可能性を探る産官共同事業を10月から開始する。

 NITEは有用な微生物を幅広く収集・提供する体制を整え、田辺製薬は微生物から創薬のための有用物質の探索を行う。

 研究成果から特許登録や商品化に至った場合には、生物多様性条約に基づき、収益の一部がベトナムに還元される。

 微生物はペニシリンの発見以来、抗菌剤や抗癌剤の探索源として利用されてきた。技術の進歩にともない他の疾患の治療薬も微生物から探索されるようになり、高脂血症治療剤や免疫抑制剤など画期的な新薬が微生物から見出されている。
《newsclip》