RSS

住友商事、シンガポールで海底ケーブル受注

2006年10月10日(火) 15時26分(タイ時間)
【シンガポール】住友商事とジェイ・パワーシステムズ(JPS)はシンガポール運輸省傘下のマリタイム・アンド・ポート・オーソリティー・オブ・シンガポール(MPA)から海底ケーブルの敷設を共同受注した。海洋土木工事を含むフルターンキー方式で、契約額は約130億円。日本のケーブルメーカーが受注した海外向け海底ケーブル案件としては過去最高規模という。

 シンガポール本島南部とブコム島の間に、電圧66キロボルトの海底送電線、送水管、通信ケーブルを敷設する。ケーブルの総延長は約64キロ。

 住友商事はJPSは04年12月にも、シンガポールで400キロボルト地中送電線敷設プロジェクト(契約額約70億円)を受注、現在建設を進めている。
《newsclip》