RSS

日タイFTA調印、1年以上延期に

2006年10月12日(木) 14時18分(タイ時間)
【タイ】ニット外相は11日、自由貿易協定(FTA)を含む日本とタイの経済連携協定(JTEPA)の調印と、米国とのFTA交渉を、現政権で行わない方針を明らかにした。1年後に予定されている総選挙で発足する民政政権と国会に判断を委ねる。前政権が始めたアジア協力対話(ACD)、イラワジ・チャオプラヤ・メコン経済協力戦略(ACMECS)などの国際会議は継続する。

 JTEPAは昨年8月に大筋合意、今年4月に調印する予定だったが、タイの政局混乱でずれ込んでいた。

〈ニット・ピブーンソンクラーム外相〉
41年生まれ。米ブラウン大学政治学修士。元駐米大使、元外務省次官。タイ米自由貿易協定(FTA)交渉のタイ側責任者だったが、1月に辞任。
《newsclip》