RSS

ミャンマー人労働者を斬首、深南部パタニー

2006年10月13日(金) 03時08分(タイ時間)
【タイ】12日夜、深南部パタニー県の路上で男性の首なし死体が発見された。被害者はミャンマー人出稼ぎ労働者(45)で、オートバイで娘を工場に迎えに行く途中に発砲を受け、倒れたところ、首を切り取られたもよう。警察はイスラム過激派の犯行とみている。
《newsclip》