RSS

タイ首相がマレーシア訪問、イスラムテロ問題協議か

2006年10月13日(金) 23時44分(タイ時間)
【タイ】スラユット首相は来週半ばにマレーシアを訪問する。タイ深南部のイスラム過激派によるテロについて、マレーシアの協力を求めるもよう。

 深南部では01年のタクシン政権発足後、タイからの独立を掲げるイスラム教徒のマレー系タイ人グループによる爆破、銃撃事件が相次ぎ、過去5年でテロ犯、住民、治安当局側を合わせ2000人以上が死亡した。
 
 テロ犯の多くは言語、文化が近いマレーシアに親近感を持ち、マレーシアとの二重国籍者も多い。犯行後、マレーシアに逃げ込むケースもあり、問題解決にはマレーシア政府の協力が不可欠とみられる。タクシン政権でマレー系住民が軍・警察に殺害される事件が頻発したため、両国の関係はこじれているが、タイ暫定政権は内相にイスラム教徒をあて、事態打開の糸口を探っている。
《newsclip》