RSS

前首相の帰国、当面無理か

2006年10月15日(日) 16時16分(タイ時間)
【タイ】9月のクーデターで政権を追われたタクシン前首相の帰国について、ブンロート国防相は15日、「タイ人だから帰国も出国も自由だが、状況を考えると、戒厳令が解除されるまで待つべきではないか」と述べ、当面の間帰国を認めない方針を示した。戒厳令の解除についてはチャリット空軍司令官が14日、「個人的な考えだが、1−2カ月後ではないか」という見通しを示している。

 タクシン前首相は現在、ロンドンの自宅に滞在している。

〈ブンロート・ソムタット〉
41年生まれ。スラユット首相と陸軍士官学校の同期。首相が陸軍司令官だった当時、陸軍参謀長を務めた。
《newsclip》