RSS

スワンナプーム空港の免税店、4000平米を「不法占拠」

2006年10月15日(日) 16時38分(タイ時間)
【タイ】新バンコク国際空港(スワンナプーム空港)の運営会社、エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)によると、同空港の免税店を運営するタイ企業キングパワーが契約を大幅に上回る面積を売り場として使用しているがことが発覚した。契約上の面積は2.5万平方メートルで、実際には2.9万平方メートルが占拠されていた。キングパワーは事業権料の追加支払いに応じる方針という。

 キングパワーは期間10年の事業権契約をAOTと結んでいる。事業権料は最初の5年が売り上げの15%で、その後1年ごとに1%ずつ上昇する。最低保証額は167.4億バーツ。
《newsclip》