RSS

著作権料徴収で遺恨?会社員を射殺

2006年10月16日(月) 21時43分(タイ時間)
【タイ】15日午前4時ごろ、中部ナコンパトム県のレストランの駐車場でタイ人男性(32)が銃で撃たれ死亡した。友人7−8人と飲食を終え、自家用車に乗ろうとしたところ、オートバイに2人乗りした男に発砲され、胸などに4発被弾、即死した。

 男性は著作権料徴収会社の回収部門の責任者で、カラオケ店などの警察の手入れに同行することが多かった。警察は、逮捕、罰金を科された店のオーナーが遺恨から殺し屋を雇った可能性があるとみて、捜査を進めている。
《newsclip》