RSS

9月の二輪販売6%減、下位メーカー窮地に

2006年10月19日(木) 20時37分(タイ時間)
【タイ】APホンダがまとめた9月のタイ国内自動二輪車販売台数は前年同月比6%減の15万8415台だった。クーデター、洪水などで伸び悩んだ。1月に22%だったAT車の割合は44%まで伸びた。

 下位メーカーは不調に歯止めがかからず、地場系タイガーは97%減の187台、カワサキは73%減の614台だった。

 上位3社は、ホンダ10万3166台(2%増)、ヤマハ3万8141台(4%減)、スズキ1万4881台(12%減)。

 1−9月の累計は3%増の158万8596台。
《newsclip》