RSS

戦車に激突のタクシー運転手、歩道橋で首つり自殺か

2006年11月1日(水) 13時52分(タイ時間)
【タイ】9月末に戦車に車ごと激突し重傷を負ったタクシー運転手の男性(60)が31日夜、バンコク都内の歩道橋で首をつって死亡しているのがみつかった。自殺とみられている。

 遺体近くに残されていた遺書とみられる文書には、「元・民主主義のために命を捧げるタクシー運転手。(激突事件の際)主義主張がそんなにある人はいない、と発言した警察報道官に抗議する」などと書かれていた。

 家族によると、男性は最近退院し、31日は通院のため朝に家を出て、そのまま行方がわからなくなっていた。

 男性は9月30日早朝、車体に黒いスプレーで「民主主義のために命を捧げる」などと大書したタクシーで、都内で警備中の戦車に突っ込み、アバラ骨を4本折るなどした。戦車に被害はなかった。
《newsclip》