RSS

石化大手TPIがIRPCに、経営刷新で社名変更

2006年11月1日(水) 21時02分(タイ時間)
【タイ】石油化学大手タイ・ペトロケミカル・インダストリー(TPI)は11月6日付で社名を「IRPC」に変更する。タイ証券取引所(SET)の銘柄コードは「IRPC」。社名変更で創業者・旧オーナーのリャオパイラット(寥)家と決別し、再スタートを切る。

 TPIはタイを代表する民間企業だったが、97年の経済危機で負債35億ドルを抱え経営が破たん。リャオパイラット家と債権者が法廷の内外で闘争を繰り広げた末、05年にタイ石油最大手PTTなどタイ政府資本が株式の過半数を取得した。

 リャオパイラット家はその後、ほぼすべてのグループ企業の取締役から追放された。「タイで最もタフな債務者」と恐れられたプラチャイ・リャオパイラット元同社最高経営責任者(CEO)は会社を失った恨みからタクシン政権への憎悪を隠さず、新政党の幹事長に就任、政界からの巻き返しを狙っている。

〈TPI〉
年産能力はオレフィン76万トン、アロマティクス(芳香族化学品)34.7万トン、プラスチック・ペレット85.2万トンなど。製油能力日量17.9万バレル。従業員8000人。上期は売上高が前年同期比26%増の1081.7億バーツ、最終利益が2.8倍増の64.7億バーツ。
《newsclip》