RSS

破たん銀行元社長、20年追加で刑期70年に

2006年11月2日(木) 02時21分(タイ時間)
【タイ】96年に経営破たんしたバンコク商業銀行(BBC)の元経営陣が業務上横領などに問われた裁判で、刑事裁判所は1日、同行元社長のクルーキアット・チャーリージャン被告(56)に禁固20年、罰金2.1億バーツ、内縁の妻のポンジャン・チャンタラカジョン被告(51)に禁固13年、罰金2.1億バーツの実刑判決を言い渡した。

 クルーキアット被告は昨年末に、証券取引法違反などで禁固50年、罰金33.3億バーツの判決を受けており、刑期は計70年となった。ただし、どちらの裁判でも判決後すぐに保釈され、収監はされていない。

 BBCは王室の流れを引く名門行だったが、チャーリージャン一族の身内向け融資で80年代に経営が悪化。再建に向け、80年代後半に投資家・武器商人のラケシュ・サクセナ氏(インド国籍)を顧問に迎え、武器・政治家がらみの不正取引や架空融資などにのめりこんだ。不正融資は合計800億−1000億バーツに上るとみられる。サクセナ氏は96年にカナダで逮捕され、タイへの身柄引渡し裁判中。
《newsclip》