RSS

人気僧の寺、土地取引でトラブル

2006年11月5日(日) 23時38分(タイ時間)
【タイ】全国的な人気を誇るパヨーム・カラヤノ僧が住職を務める中部ノンタブリ県のスアンケーウ寺が土地取引をめぐるトラブルに巻き込まれた。

 スアンケーウ寺は2年前に、寺に隣接する1600平方メートルの土地を1000万バーツで取得したが、この土地の権利書がコピーだったことが発覚。権利書を持つ個人が所有権を主張し、裁判沙汰となった。タイ弁護士協会が手弁当で弁護を買って出たものの、裁判の見通しは厳しいという。

 パヨーム僧は野犬の収容施設を建設したり、携帯電話の着メロに自身の説法を提供したりと話題に事欠かない。最近では説話のアニメVCDを作成、販売を始めた。
《newsclip》