RSS

元議員の母爆殺事件、ライバル政治家に死刑

2006年11月6日(月) 13時30分(タイ時間)
【タイ】97年にジャンタブリ県選出の元下院議員の母が爆死した事件で、刑事裁判所は6日、別の元下院議員、シティポン・カムアート被告と元ルーイ県議のエカシット被告に死刑、共犯の2人に終身刑を言い渡した。

 シティポン被告らは元議員の父で地元有力者のサニット・フアンプラユーン氏の暗殺を狙い同氏の乗用車に爆弾を仕掛け、誤ってサニット氏の妻のパタマーさんを爆殺した。サニット氏は事件当時、交際相手の女性とホテルにいた。
《newsclip》