RSS

日本郵船、ベトナム法人設立

2006年11月8日(水) 15時03分(タイ時間)
【ベトナム】日本郵船は8日、ベトナムに現地法人を設立し、07年1月から営業を始めると発表した。世界貿易機関(WTO)加盟でベトナム市場がさらに伸びると判断。新規港湾ターミナルへの参画、総合物流サービス網の構築、ベトナム人船員の大幅拡充など、ベトナム事業の拡張を目指す。

 新会社は「NYK LINE (VIETNAM)」。資本金40万ドルで、日本郵船が51%、ベトナムの海運代理店会社ボサ・グループ・オブ・カンパニーズが49%出資する。本社はホーチミン市。

 日本郵船は現在、日系海運会社としては唯一、北部カイラン港と南部ホーチミン港の両港へ日本から直航サービスを提供、年間13万TEU(TEU=20フィートコンテナ換算の貨物量)超のコンテナを取り扱っている。
《newsclip》