RSS

マハティール前首相が入院=マレーシア

2006年11月9日(木) 12時49分(タイ時間)
【マレーシア】国営ベルナマ通信によると、マレーシアのマハティール前首相(80)が9日、軽い心臓発作を起こしクアラルンプールの心臓病センターに入院した。症状は安定しており、1週間入院して様子を見るという。

 マハティール氏は1989年に冠状動脈のバイパス手術を受けている。関係者によると、同氏はニュージーランドから帰国したばかりで、9日未明に自宅で胸の痛みを訴えた。
《newsclip》