RSS

刑法の大幅改正案を公表、肛門性交解禁か=シンガポール

2006年11月9日(木) 15時34分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポール内務省は8日、刑法の大幅改正案を公表した。改正案は市民の意見を聴取した上で、来年前半に国会に提出される。

 主な改正点は▽インターネットを使った犯罪に対応するため、クレジットカード詐欺に関する条項を追加▽国外で他人をそそのかし、シンガポール国内で犯行を行わせたケースに犯罪教唆罪を適用−−など、情報化や犯罪の国際化に対応する内容となっている。

 また、性犯罪に関しては、▽外国での児童買春▽関係不和の妻に対する性行為の強要−−に対する処罰規定も盛り込まれた。

 さらに、性観念の変化に対応し、これまで違法だった口淫(フェラチオ)や肛門性交(アナルセックス)は、成年男女が同意のもとで行う場合は合法とされた。ただ、同性愛行為の場合はこれまで同様に違法としている。
《newsclip》