RSS

セメント2位サイアム・シティ、コスト上昇で増収減益

2006年11月12日(日) 21時05分(タイ時間)
【タイ】セメント大手サイアム・シティ・セメント(SCCC)の7−9月期決算は、総売上高が前年同期比8.4%増の61.5億バーツ、最終利益が4.9%減の9.9億バーツだった。燃料・電気コストの上昇で利幅が縮小した。

 同社はアユタヤ銀行(BAY)オーナー、ラタナラック(李)財閥系で、98年にスイスのセメント世界大手ホルシムの出資を受けた。セメントの年産能力は1450万トン。
《newsclip》