RSS

消費税率を7%に引き上げへ=シンガポール

2006年11月14日(火) 11時08分(タイ時間)
【シンガポール】シンガポールのリー・シェンロン首相は13日、国会で消費税率を現行の5%から7%に引き上げる方針を明らかにした。ただ、「実施時期については、後日決定する」とした。

 リー首相は英語、マレー語、中国語で引き上げ理由を説明。「セーフティネットの整備し、低収入層を支援するために必要な措置だ。税率引き上げに当たっては負担軽減措置も設ける。2%の引き上げは適正で、国民も支持してくれるだろう」と述べた。

 シンガポールの政府歳出は国内総生産(GDP)の15%前後だが、今後5?10年はインフラ整備などで歳出拡大が避けられない見通しとなっている。
《newsclip》