RSS

三菱エンプラ、タイに販社設立

2006年11月14日(火) 11時14分(タイ時間)
【タイ】三菱エンジニアリング・プラスチックス(MEP)がこのほど、タイにエンジニアリング・プラスチック製品の販社、「MEPエンジニアリング-プラスチックス(タイランド)」(社長:北村武雄)を設立した。MEP子会社でエンプラメーカーの「タイ・ポリカーボネート」が全資出資、同社およびMEP系エンプラメーカー「タイ・ポリアセタール」の販売部門を新会社に移管。ポリアセタールやポリカーボネートなど、同2社の製品を取り扱うほか、製品の一部は輸入販売する。2007年は1億1000万ドルの売り上げを狙う。

 ポリアセタールは自動車のギア類やスイッチコントローラ、ポリカーボネートは自動車、光学、OA家電、カメラなどの部品に多用される。タイではMEP製ポリアセタール、同ポリカーボネートが、それぞれ市場の30%、65%を占める。
《newsclip》