RSS

PNTR法案、米下院で否決=ベトナム

2006年11月14日(火) 11時37分(タイ時間)
【ベトナム】米下院は13日、本会議でベトナムに対する恒久最恵国待遇供与法案(PNTR法案)を否決した。可決には3分の2の賛成が必要だったが、賛成228、反対161で法案は通過しなかった。

 PNTR法案はベトナムの世界貿易機関(WTO)加盟に伴い提出されたもので、ブッシュ大統領はアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議のため、ベトナム入りする17日以前に下院通過を目指していた。議会内では中間選挙で勝利した民主党を中心に、ベトナムの人権問題を挙げ反対する勢力もあり、法案が順調に成立するか予断を許さない情勢となっていた。PNTR法案が成立しないと、両国の産業界はWTO加盟による市場開放の恩恵を受けられない。

 ベトナム側は10日、反体制活動をした疑いで拘留したベトナム系米国人3人に対し、国外退去を命じる判決を下したが、議会内では3人が実際に帰国するまで、法案を通過させるべきではないという意見もある。
《newsclip》