RSS

新空港に痴漢、タイ航空社員ら被害

2006年11月15日(水) 14時13分(タイ時間)
【タイ】新バンコク国際空港(スワンナプーム空港)で航空会社の女性社員が性的嫌がらせを受ける事件が相次ぎ、空港が警備の強化に乗り出した。

 タイ国際航空の労組によると、空港内の人気のない場所で、建設作業員らが、女性にわいせつな言葉をかけたり、手足を触るなどした。また、女性職員用トイレの天井に穴があけられていたこともわかった。

 新空港のターミナルは面積56.3万平方メートルと世界最大級。建設作業中の部分が多い上、開港当初に比べ観光に訪れる人が減り、一部で治安が悪くなっているようだ。
《newsclip》