RSS

音声翻訳基盤技術を共同研究、アジアの7研究機関

2006年11月16日(木) 00時29分(タイ時間)
【アジア】国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は15日、日本の先端的音声翻訳技術の普及を目指し、中国科学院・自動化研究所(CASIA)など6研究機関と共同研究コンソーシアムを発足させると発表した。音声対訳文コーパスの統一フォーマットの設計、音声対訳文コーパスの構築、処理モジュールの接続フォーマット、プロトコルの設計を行う。

 共同研究に参加するのは、ATR、CASIA、韓国電子通信研究所(ETRI)、インドネシア技術応用評価庁(BPPT)、タイ国立電子コンピュータ技術センター(NECTEC)、インド中央電子工学研究所(CEERI)、台湾大学(NTU)。
《newsclip》